慰謝料の3つの種類

交通事故の慰謝料の場合、精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料の他に、治療費用、入院に関する雑費、通院費用、休業損害などの費用も考慮し、その総額で考えなければなりません。純粋な慰謝料額の場合ですと保険業界が定める慰謝料の相場、そして弁護士業界が定める慰謝料の相場があり、それぞれで計算の仕方が違いますし、額も変わってきます。

交通事故の慰謝料には主に後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料の3つの種類があります。まず後遺障害慰謝料についてですが、これは交通事故により負った傷などが原因で治癒しないまま残ってしまった機能障害や神経症状などに対する慰謝料となります。ムチ打ちや手足の痺れなどの比較的軽いものから、足が動かなくなってしまったなどの重度のものまで幅広い症状が含まれます。次に入通院慰謝料ですが、これは交通事故が原因となり、入院や通院が必要となってしまった場合に被害者が被った肉体的、精神的な損害に対する賠償となります。入通院が必要となってしまった期間や怪我の程度などにより金額が変わってきます。最後に死亡慰謝料についてですが、これは交通事故により被害者が死亡してしまった場合に遺族に対して支払われるもので、被害者本人に対しての慰謝料と遺族に対しての慰謝料がそれぞれあります。