慰謝料の3つの基準

ここでは慰謝料の3つの基準に触れていきます。慰謝料というのは基本的に加害者が被害者に対して、被害者の精神的苦痛を金銭に換算した形で支払うものです。このような精神的苦痛というのはなかなか計り難いものですし、個別に数値化するとなると困難を極めます。そこで慰謝料の金額を決定する際に用いられる基準が設けられているのです。

自賠責保険基準は自動車のドライバーであれば必ず加入しなければならない強制加入保険です。交通事故が起きたらまずは自賠責保険から保険金の支払いが行われます。交通事故が起きたときの最低補償基準と言えるこの基準は3つの基準のなかでも最も低い基準と言えます。任意保険基準は上記の自賠責保険でカバーすることのできない損害部分の補償として機能する保険です。自賠責保険で補填されない部分についての全額補償を目的としているので自賠責保険基準よりも高い基準という位置づけになりますが、保険会社によって基準は異なります。弁護士基準は裁判所の考え方や判例などを参考に作られているもので、裁判所基準とも呼ばれるものです。裁判の実務上でも慰謝料額の算定基準に用いられます。一般的に交通事故の慰謝料を計算する場合、弁護士基準で計算すると最も額が高くなると言われています。

慰謝料の3つの種類

交通事故の慰謝料の場合、精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料の他に、治療費用、入院に関する雑費、通院費用、休業損害などの費用も考慮し、その総額で考えなければなりません。純粋な慰謝料額の場合ですと保険業界が定める慰謝料の相場、そして弁護士業界が定める慰謝料の相場があり、それぞれで計算の仕方が違いますし、額も変わってきます。

交通事故の慰謝料には主に後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料の3つの種類があります。まず後遺障害慰謝料についてですが、これは交通事故により負った傷などが原因で治癒しないまま残ってしまった機能障害や神経症状などに対する慰謝料となります。ムチ打ちや手足の痺れなどの比較的軽いものから、足が動かなくなってしまったなどの重度のものまで幅広い症状が含まれます。次に入通院慰謝料ですが、これは交通事故が原因となり、入院や通院が必要となってしまった場合に被害者が被った肉体的、精神的な損害に対する賠償となります。入通院が必要となってしまった期間や怪我の程度などにより金額が変わってきます。最後に死亡慰謝料についてですが、これは交通事故により被害者が死亡してしまった場合に遺族に対して支払われるもので、被害者本人に対しての慰謝料と遺族に対しての慰謝料がそれぞれあります。

慰謝料について知ろう

もしも交通事故などの人身事故に巻き込まれてしまった場合、加害者に対して慰謝料の請求をすることを考えなければいけません。慰謝料の請求について普段から詳しく調べ、知識を持っているという方はそう多くは無いと思います。多くの方は実際に事故に遭ってから慰謝料のことについて初めて触れるので、なかには本来支払われるべき金額よりも大幅に少ない金額の慰謝料しか手元に入ってこなかったなんてケースも多くあるのです。慰謝料について知っておくことは、万が一今後ご自身や身近な方が交通事故に巻き込まれてしまった場合、大変役立つものとなります。保険に入り万が一の事態に備えるのと同様、被害者になってしまった場合のことを想定し、準備しておくことが最善の結果に繋がることも多いです。

交通事故の慰謝料は主に後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料の3つの種類に分けることができます。どのような慰謝料があるかという知識は慰謝料額の相場や、具体的な事例の理解に役立つでしょう。慰謝料の種類によっては、慰謝料の対象となる人物も変わりますので注意が必要です。また慰謝料の金額を決める際には自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準という3つの基準があります。どの基準で慰謝料を算出するかによって金額も大きく変わってきます。特に交通事故の加害者になってしまい慰謝料を請求する立場になった場合にはこれらについて深く理解しておく必要があるでしょう。当サイトでは慰謝料について知りたいという方へ向けて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。