慰謝料の3つの基準

Pocket

ここでは慰謝料の3つの基準に触れていきます。慰謝料というのは基本的に加害者が被害者に対して、被害者の精神的苦痛を金銭に換算した形で支払うものです。このような精神的苦痛というのはなかなか計り難いものですし、個別に数値化するとなると困難を極めます。そこで慰謝料の金額を決定する際に用いられる基準が設けられているのです。

自賠責保険基準は自動車のドライバーであれば必ず加入しなければならない強制加入保険です。交通事故が起きたらまずは自賠責保険から保険金の支払いが行われます。交通事故が起きたときの最低補償基準と言えるこの基準は3つの基準のなかでも最も低い基準と言えます。任意保険基準は上記の自賠責保険でカバーすることのできない損害部分の補償として機能する保険です。自賠責保険で補填されない部分についての全額補償を目的としているので自賠責保険基準よりも高い基準という位置づけになりますが、保険会社によって基準は異なります。弁護士基準は裁判所の考え方や判例などを参考に作られているもので、裁判所基準とも呼ばれるものです。裁判の実務上でも慰謝料額の算定基準に用いられます。一般的に交通事故の慰謝料を計算する場合、弁護士基準で計算すると最も額が高くなると言われています。